写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.11.23[火] 慶沢園の菊花

101107-101.jpg

101107-102.jpg

101107-103.jpg

101107-104.jpg

101107-105.jpg

101107-106.jpg

101107-107.jpg

101107-108.jpg

101107-109.jpg

101107-110.jpg

大阪三名園のひとつ慶沢園へ、菊花をあしらった大花壇を見に行きました。
この大花壇は毎年、天王寺公園で開催される菊花展に併せて設えますが、今年のテーマは「彩(いろどり)」。
訪れた日は、ちょうど見頃を迎え、テーマに相応しく色とりどりの菊が鮮やかに咲いていました。

【撮影日/2010.11.07】
スポンサーサイト
    22:37  Comment : 0  Top

2010.11.21[日] 建仁寺の茶ノ花

101107-76.jpg

101107-77.jpg

101107-78.jpg

101107-79.jpg

101107-80.jpg

日本の「茶祖」としても知られる栄西が、中国から茶種を日本に持ち帰って喫茶を普及した事はあまりにも有名ですね。
そんな栄西が開創したという建仁寺では、境内を取り囲むように茶の生垣があり、毎年、今頃の季節になると可愛らしい茶の花を咲かせます。

【撮影日/2010.11.07】
    20:49  Comment : 2  Top

2010.11.20[土] 法観寺の石蕗と秋明菊

101107-66.jpg

101107-67.jpg

101107-68.jpg

101107-69.jpg

101107-70.jpg

101107-71.jpg

101107-72.jpg

101107-73.jpg

101107-74.jpg

101107-75.jpg

法観寺(八坂の塔)でも、石蕗が見頃を迎えていました。
石仏と並んで咲く様は、何ともホッコリとした気分にさせてくれます。

そして、法観寺といえば、この時期に石蕗とともに楽しませてくれた秋明菊。
以前のエントリー(9月頃)で、放水銃新設のため秋明菊は伐採か?と書きましたが、どうやら数株だけ残されていたようで、入口の小屋の横に隠れて花を咲かせていました。

【撮影日/2010.11.07】
    21:44  Comment : 2  Top

2010.11.19[金] 霊山興正寺別院の石蕗

101107-61.jpg

101107-62.jpg

101107-63.jpg

101107-64.jpg

101107-65.jpg

9月に興正寺別院の彼岸花を撮りに伺った折、境内裏手にある廟所近くで石蕗の葉が沢山植わっているのを見つけていました。
そろそろ咲いているだろうと思って再び訪れてみると、やはり予想していた通り、丁度満開で見頃を迎えていました。
東山の知られざる石蕗の名所…かも知れません。

【撮影日/2010.11.07】
    22:07  Comment : 2  Top

2010.11.18[木] 圓徳院の石蕗

101107-56.jpg

101107-57.jpg

101107-58.jpg

101107-59.jpg

101107-60.jpg

秀吉の正室・高台院が晩年を過ごした東山の圓徳院。
長屋門から唐門に至る参道の両脇で石蕗が見頃を迎え始めていました。

圓徳院に咲く石蕗は、高台院・寧々の気高い雰囲気を感じさせ、この花の花言葉を知れば、圓徳院に咲く理由がわかるような気がします。

石蕗の花言葉…「謙遜」「謙譲」「愛よ、よみがえれ」「先見能力」

【撮影日/2010.11.07】
    23:15  Comment : 0  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。