写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.04.30[土] 実相院門跡の紅枝垂れ桜

110417-33.jpg

110417-34.jpg

110417-35.jpg

110417-36.jpg

110417-37.jpg

110417-38.jpg

110417-39.jpg

110417-40.jpg

110417-41.jpg

110417-42.jpg

いよいよ今年最後の桜です…。
今年最後の桜は、岩倉実相院の紅枝垂れ。

実相院といえば、「床もみじ」や「床みどり」が特に有名で、紅葉や新緑の頃になると非常に多くの観光客が訪れます。
しかし、比叡山を借景とした石庭の紅枝垂れも殊のほか美しく、心を落ち着かせて、いつまでも離れがたい景観を楽しませてくれます。

訪れた日は、ちょうど満開のピークを迎え、時折吹く風に紅枝垂れの花びらがひらひらと舞いながら、石庭の白砂にピンクの波紋を描いていました。


というわけで、長々とお送りしてきた今年の桜シリーズはこれにて完結です。
…と言いたいところですが、この日は、ほかにもあと数箇所ほどの桜めぐりをしていました。
しかし、もう明日から5月…。
アップしきれなかった写真を少しだけ、こちらのエントリーでアップいたします…。

110417-43.jpg

110417-44.jpg

110417-45.jpg

まずは府立植物園の桜。
園内のソメイヨシノは満開~散り始めで、桜見本園の紅枝垂れが満開でした。

110417-46.jpg

110417-47.jpg

次は、東山七条・養源院の紅枝垂れ。
いつもは静かな養源院ですが、今年は大河ドラマ「江」の影響で、多くの観光客が訪れていました。
しかし、この降り注ぐ紅枝垂れはいつ見ても美し過ぎます…。

110417-48.jpg

110417-49.jpg

110417-50.jpg

そして最後は、四条・佛光寺の紅枝垂れ。
これまで何度か佛光寺の桜を見に来ているものの、いつも目当ての紅枝垂れは満開時期と合わなかったのですが、今回は三度目の正直で、ようやく見頃期に訪れることが出来ました(^^;

さて、今年は東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、また、震災や原発事故で不自由な生活を強いられている被災者の方を想うと、桜に浮かれている場合ではないのかもしれませんが、もし、このブログを被災者の方が一人でも見て下さっているとしたならば、稚拙な写真で恐縮ながらも、少しでも京都の桜に心癒して頂けたら…という想いでアップし続けました。

青森・弘前城の桜もまもなく満開!
被災された全ての皆様に、一日も早く安穏な生活が戻りますように…。

【撮影日/2011.04.17】
スポンサーサイト
    23:59  Comment : 2  Top

2011.04.29[金] 妙満寺の紅枝垂れ桜

110417-26.jpg

110417-27.jpg

110417-28.jpg

110417-29.jpg

110417-30.jpg

110417-31.jpg

110417-32.jpg

洛北・幡枝にある妙満寺。
昨年もこちらの枝垂れ桜を撮りに出掛けていますが、前回は時期が少し早くて見れなかった3代目佐野藤衛門氏が寄贈したという紅枝垂れをどうしても見たくて今年も再び訪れてみました。

本堂の前で静かに佇む見事な紅枝垂れ。
一年越しでようやく満開の姿を拝見することができました。

【撮影日/2011.04.17】
    23:00  Comment : 0  Top

2011.04.28[木] 二条城の紅枝垂れ桜

110417-11.jpg

110417-12.jpg

110417-13.jpg

110417-14.jpg

110417-15.jpg

110417-16.jpg

110417-17.jpg

110417-18.jpg

110417-19.jpg

110417-20.jpg

110417-21.jpg

110417-22.jpg

110417-23.jpg

110417-24.jpg

110417-25.jpg

世界遺産・二条城では、ソメイヨシノやヤマザクラのほかに紅枝垂れ桜も多く植わっており、訪れた日は、ちょうど、この八重紅枝垂れが満開見頃を迎えていました。

また、この日は雲ひとつない晴天に恵まれたおかげで、真っ青な空から降り注ぐ八重紅枝垂れは、まるでシャワーを浴びているかのようで、思わず感嘆の息を洩らさずにはいられませんでした…。

ほかにも、二の丸御殿などに植わる「御所御車返桜」がほのかな香りを漂わせながら満開見頃を迎えていたほか、桜の園に植わる里桜も、早咲きのものは7分ほどに開花が進み、遅咲きのものもちらほらと咲き進んでいました。

【撮影日/2011.04.17】
    23:59  Comment : 0  Top

2011.04.27[水] 半木の道の紅枝垂れ桜

110417-01.jpg

110417-02.jpg

110417-03.jpg

110417-04.jpg

110417-05.jpg

110417-06.jpg

110417-07.jpg

110417-08.jpg

110417-09.jpg

110417-10.jpg

賀茂川沿いに北大路大橋から北山大橋までの約800メートルに渡って、「半木(なからぎ)の道」と名付けられた遊歩道が整備され、八重紅枝垂れ桜の並木が続きます。

「半木(なからぎ)」とは、府立植物園に鎮座する半木神社から由来するものだそうで、かつては「半木」を「流木」と書いていましたが、賀茂川の洪水で神社が流されてしまったことから、それを忌み嫌って「半木」と改めたといいます。

半木の道に植わる紅枝垂れ桜は、市民ボランティアらの手によって大切に守っておられますが、晩春を彩る賀茂川畔の風物詩として多くの花見客が訪れます。

【撮影日/2011.04.17】
    23:48  Comment : 0  Top

2011.04.26[火] 東寺の夜桜

110410-86.jpg

110410-87.jpg

110410-88.jpg

110410-89.jpg

110410-90.jpg

110410-91.jpg

110410-92.jpg

110410-93.jpg

110410-94.jpg

110410-95.jpg

110410-96.jpg

110410-97.jpg

110410-98.jpg

110410-99.jpg

110410-100.jpg

ようやくこの日最後の目的地となった東寺へ。
今年の某鉄道会社のキャンペーンで取り上げられたので、東寺の不二桜を見に行かれた方も多いのではないでしょうか。

当初の計画では、昨年も訪れているし、キャンペーンの影響で混雑するだろうからと、行程には組み込んでいなかったのですが、あの未曾有の震災が起きてからというもの、やはり今年も東寺の不二桜をもう一度見ておきたい…と思うようになったのでした。

五重塔を背景に植わる「不二桜」と名付けられた見事な紅枝垂れ桜。
高さ13メートル、枝幅7メートルにもなる不二桜は、樹齢120年ともいわれ、元々は岩手県盛岡市の旧家で大切に育てられてきたものを、秋田と三重を経て、2008年に東寺へ植樹されたものです。

盛岡といえば、先の震災で甚大な被害に遭った地域のひとつ…。
東北で育った紅枝垂れは、遠く離れた京都で今年も満開の花を咲かせていました。

今年は通常の五重塔のライトアップに加えて、この不二桜をはじめ、境内の堂宇や桜に初めてライトアップが灯されましたが、暗闇に浮かび上がる不二桜は、妖艶でありながらも凛々しさを感じ、どこか被災地に想いを馳せているかのようで、いつもとは一味も二味も違った雰囲気で、しっとりと咲いていました。

因みにライトアップの拝観料は、被災地復興の義援金として寄付されるとのことで、一日も早い復興を願うばかりです。

【撮影日/2011.04.10】
    23:50  Comment : 0  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。