写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.04.30[木] 鶴見緑地のチューリップ

090411-09.jpg

090411-10.jpg

090411-11.jpg

090411-12.jpg

090411-13.jpg

090411-14.jpg

090411-15.jpg

090411-16.jpg

090411-17.jpg

090411-18.jpg

090411-19.jpg

桜を追い掛けていたはずが、ブログアップに追われるハメになり…。
そして、すっかり機会を逃がしていたチューリップ…。
気づけば、4月も今日で終わりですね。

もう随分前の話になりますが、大阪・鶴見緑地へ桜の撮影に行ったとき、チューリップもちょうど見頃でした。
(※今はもちろん終わっているでしょうが…。)

毎年4月上旬~中旬にかけて、鶴見緑地にある風車の丘では、赤・白・黄色のチューリップが植えられ、訪れた人の目を楽しませてくれます。

この日は、初夏の陽気を思わせる雲ひとつない真っ青な空に恵まれ、風車を背景にした色とりどりのチューリップがとても鮮やかでした。

【撮影日/2009.4.11】
スポンサーサイト
    23:02  Comment : 0  Top

2009.04.29[水] 京都の桜、エトセトラ…。

090412-37.jpg

090412-38.jpg

090412-39.jpg

090412-40.jpg

090412-41.jpg

090412-42.jpg

090412-43.jpg

090412-44.jpg

090412-45.jpg

090412-46.jpg

090412-47.jpg

今年の京都の桜は、昨日アップした仁和寺で終わりなんですが、実は、“京都の桜”の最終日となった4月12日は、他にもかなり精力的にいろんな場所へ移動しました。
とてもこのブログでは紹介しきれず、また、いつまでも「桜モード」というのも何なので、アップしきれなかった桜を一気に掲載します。

この日は、昨日までにアップした場所のほかに、「智積院(1~2枚目)」「三十三間堂(3枚目)」「法住寺(4枚目)」「建勲神社(5~6枚目)」「平野神社(7~8枚目)」「佛光寺(9枚目)」「妙心寺退蔵院(10~11枚目)」へ行きました。

ということで、「桜 2009」シリーズはこれにて完結!

【撮影日/2009.4.12】
    23:35  Comment : 4  Top

2009.04.28[火] 仁和寺の御室桜

090412-27.jpg

090412-28.jpg

090412-29.jpg

090412-30.jpg

090412-31.jpg

090412-32.jpg

090412-33.jpg

090412-34.jpg

090412-35.jpg

090412-36.jpg

いよいよ京都の桜も終局へ。
って、もう完全に桜のシーズンは終わっていますが…(汗)。

京都の桜の最後は仁和寺の御室桜より。

仁和寺の御室桜は数年前にも訪れているので、今回は予定には入れてなかったのですが、雨宝院を出た時点で、まだ昼前と、かなり早いペースで予定が進んでしまったので、西陣から市バスで白梅町へ出て、嵐電でプラッと仁和寺へ出掛けることにしました。

この日の御室桜は、ちょうど満開ピーク。
そして、人出も最高潮…。

昼時だったため、あちこちに置かれた有料の床机で弁当を広げる人たちを余所にせっせと撮影。
しかし、四国県人会の陽気な宴会に触発されて、自分も撮影をやめて、満開の御室桜の下で持参してきた“バクダンおにぎり”を頬張ってしまいました(^^;ヾ

【撮影日/2009.4.12】
    23:10  Comment : 2  Top

2009.04.27[月] 雨宝院の桜

090412-21.jpg

090412-22.jpg

090412-23.jpg

090412-24.jpg

090412-25.jpg

090412-26.jpg

ゑんま堂から千本通りを下がって、上立売通りを東入る…。
なんとも、京都らしい道案内ですが、その場所にあるのが、西陣聖天として親しまれる雨宝院。

狭い境内を覆うように、歓喜桜や観音桜、紅枝垂れ桜に御衣黄まで咲き乱れます。

少し前までは、ココも知る人ぞ知る桜の隠れスポットだったのですが、休日ともなれば、タクシーの運転手がこぞって観光客を連れてくるので、時間によっては狭い境内はすぐに人で一杯になってしまいますね。

【撮影日/2009.4.12】
    23:27  Comment : 0  Top

2009.04.26[日] 千本ゑんま堂の普賢象桜

090412-16.jpg

090412-17.jpg

090412-18.jpg

090412-19.jpg

090412-20.jpg

千本ゑんま堂(引接寺)の桜といえば「普賢象」。
「ゑんま(閻魔)」という名前からは、とても似つかわしくない可愛らしい普賢象桜が、晩春の頃、境内の一角で華やかに咲き誇ります。

「普賢象桜」は、花の姿が普賢菩薩の乗る象の鼻のようであるところから名づけられたそうですが、ゑんま堂の普賢象桜は、室町時代から有名だったのだそうですね。

咲き誇る普賢象桜も美しいのですが、本当の楽しみ方は、桜が散る頃。
普賢象桜は、花びらが散るのではなく、花房ごと落ちてしまうので、その「散り」を楽しむのが「通」な楽しみ方。

この日は、まだ咲き始め~三分咲きほどだったので、「散り桜」を楽しむことはできませんでしたが、普賢象桜も咲き出して、閻魔さんの厳めしい顔も束の間に和らぎそう…?

※最後の写真は、ゑんま堂の“とある場所”にて。
閻魔さんの「お言葉」…ではありませんが、なかなかセンスがあったので激写してしまいました(^^;ヾ

【撮影日/2009.4.12】
    00:12  Comment : 0  Top

2009.04.25[土] 上品蓮台寺の八重紅枝垂れ桜

090412-06.jpg

090412-07.jpg

090412-08.jpg

090412-09.jpg

090412-10.jpg

090412-11.jpg

090412-12.jpg

090412-13.jpg

090412-14.jpg

090412-15.jpg

東山七条から京阪と地下鉄、市バスを乗り継いで、紫野十二坊にある上品蓮台寺へ。
こういう時、京阪が発行している「みやこ漫遊チケット」はとっても便利でお得です。

さて、境内の八重紅枝垂れが美しい上品蓮台寺は、京都の桜ファンにはお馴染みですが、一般観光客にはまだまだマイナーなスポット。
この日も、数名の桜ファンらしきカメラマンがいるのみでした。

数年前に初めて訪れたときは、ソメ満開時だったので、お目当ての八重紅枝垂れに出会えず残念だったのですが、今回は、ようやく八重紅枝垂れに会えました。

交通量の多い千本通りから三門に一歩入ると、華やかで可愛らしい八重紅枝垂れが静かな境内に佇み、まるで別世界のようです。

【撮影日/2009.4.12】
    00:27  Comment : 0  Top

2009.04.24[金] 養源院の八重紅枝垂れ桜

090412-01.jpg

090412-02.jpg

090412-03.jpg

090412-04.jpg

090412-05.jpg

京都の桜、最終編にようやく到達です…。
新緑が眩い季節だというのに、いつまで桜気分やねん…って感じですが(汗)。

さて、この日(4/12)のテーマは、大好きな八重紅枝垂れ。

というわけで、まずは東山七条の養源院へ。
養源院は京都の桜ファンにはお馴染みですが、一般観光客にはまだマイナーなスポット。

ただ、訪れた時間が拙かった…。
東山方面はやはり午前中は逆光気味になりますねぇ…。
被写体が西か南に向いてくれていれば問題ないのですが、養源院は東向きであることを、すっかり忘れていました。
まぁ、この後の行程上、この時間しか取れなかったので仕方ないのですが。

とはいえ、大好きな八重紅枝垂れはちょうど満開で、紅枝垂れのシャワーを浴びれたので良しとしよう…。

【撮影日/2009.4.12】
    22:58  Comment : 2  Top

2009.04.23[木] 高瀬川の桜

090405-60.jpg

090405_61.jpg

090405-62.jpg

090405-63.jpg

090405-64.jpg

090405-65.jpg

この日最後の桜は、高瀬川で〆ました。
あいにく、太陽がそろそろ西へと傾きはじめ、日が沈む前に少し焦りながら撮影していると、舞妓さんの姿が…。
“なんちゃって舞妓さん”かな…?と思いきや、ホンモノの舞妓さん(^^;ヾ
どうやら、カメラマンのオジサン(プロ?)が、舞妓さんを貸切って撮影しているようでした。

満開の桜の下に立つ舞妓さん(ホンモノ)は風情があって、イカニモ京都…って感じですね。
というか、桜撮らずに舞妓さんばかり撮ってしまいましたが…(汗)。

【撮影日/2009.4.5】
    23:31  Comment : 0  Top

2009.04.22[水] 神泉苑の桜

090405-55.jpg

090405-56.jpg

090405-57.jpg

090405-58.jpg

090405-59.jpg

二条城にほど近い場所にある神泉苑。
京都で最初の庭園と言われる神泉苑にも、多くの桜が植えられており、ほぼ満開でした。
池に映る桜が美しかったです。

【撮影日/2009.4.5】
    20:26  Comment : 0  Top

2009.04.21[火] 二条城の桜

090405-45.jpg

090405-46.jpg

090405-47.jpg

090405-48.jpg

090405-49.jpg

090405-50.jpg

090405-51.jpg

090405-52.jpg

090405-53.jpg

090405-54.jpg

昨年は里桜目的で二条城を訪れましたが、今年はソメ目的で二条城へ。

京都観光の超定番スポットなので、観光客の多さは拭えませんが、二の丸御殿などの豪華絢爛な建築物には外国人も大喜びです。

さて、二条城の桜は、今回改めて気づきましたが、意外とソメは少な目なのですかね?
ほとんどが里桜系か山桜系、もしくは紅枝垂れ。
このまま、ソメに出会えないのでは…とちょっと心配になりましたが、最後に北大手門付近で、ようやく満開のソメとご対面。
午前中曇っていた空は、すっかり晴れて真っ青な空になりました。

この日、紅枝垂れは咲き始め~三分咲きほど。
一方、二の丸御殿や庭園の御所御車返しは三分ほどに開花が進み、桜苑の里桜も、品種によっては満開のものもありました。
また、城内にはレンゲ草も咲き始めていました。

【撮影日/2009.4.5】
    23:01  Comment : 0  Top

2009.04.20[月] 勧修寺の桜

090405-37.jpg

090405-38.jpg

090405-39.jpg

090405-40.jpg

090405-41.jpg

090405-42.jpg

090405-43.jpg

090405-44.jpg

随心院からようやく勧修寺へ。

勧修寺も桜の穴場スポットで、数年前に訪れたときは、ほとんど貸切状態で桜を愛でることができたのですが、最近はタクシーの運転手らが次々とお客を運んでくるようですね…。

この日、参道の八重紅枝垂れ桜は咲き始め~3分咲きほどでしたが、庭園のソメは8分~満開見頃旬。
朝のうち曇っていた空は、この頃より晴れだして青空が広がり始めました。

時計を見るとちょうどお昼を回ったところだったので、近くの公園で昼食タイム。
最近は、自分で“バクダンおにぎり”を作ってお昼ご飯にします。
公園の満開の桜の下で頬張る自作の“バクダンおにぎり”の美味いことといったら…(^^)

天気も回復!お腹も満腹!
気分はとっても上々なり。

【撮影日/2009.4.5】
    21:17  Comment : 0  Top

2009.04.19[日] 随心院の桜

090405-31.jpg

090405-32.jpg

090405-33.jpg

090405-34.jpg

090405-35.jpg

090405-36.jpg

京都の桜の続きです。
(もうすっかり桜のシーズンは終わった感がありますが、まだ4/5の話です…)

さて、毘沙門堂と山科疎水をあとに、地下鉄で小野へ。

小野では勧修寺へ向かうはずが、何を間違ったのか、気づけば随心院の門前…(^^;ヾ
当初の予定にはなかったのですが、門前の桜が満開だったので入ってみることに。

さすがに梅園の梅は終了していましたが、三門の桜とともに境内の桜は7分~満開見頃でした。

梅のシーズンが終わると静かな随心院ですが、この日は、何かイベントが行なわれていたようで、花見客が大勢訪れていました。

【撮影日/2009.4.5】
    22:37  Comment : 0  Top

2009.04.18[土] 造幣局の夜桜

090415-01.jpg

090415-02.jpg

090415-03.jpg

090415-04.jpg

090415-05.jpg

090415-06.jpg

090415-07.jpg

090415-08.jpg

090415-09.jpg

090415-10.jpg

京都の桜はまだ途中なんですが…。

大阪の春の風物詩、造幣局の桜の通り抜けが15日より始まり、早速、初日に夜桜見物に出掛けてきたので、京都編を一時中断してアップします…(^^;ヾ

造幣局の桜は、関山や松月などといった里桜系が中心で、全長560メートルの造幣局構内の通路に126品種348本の里桜が植えられています。

ちょうど満開見頃を迎えたこの日は、平日の夜にも関わらず、会社帰りのサラリーマンやカップル、家族連れなど、昼間と変わらないほど非常に多くの花見客が次々と押し寄せていました。
造幣局の通り抜けへは、何度か訪れていますが、夜桜は今回が初めてでした。

造幣局では、通り抜けの桜に親しみを持ってもらうために、毎年「今年の花」として一種だけ選んで紹介しており、今年は「平野撫子」(2~4枚目)が選定されていました。

「平野撫子」は、京都の平野神社境内にある桜で、花弁に撫子の花のような切り込みがあることから「撫子」と名付けられたそうですね。
淡いピンクの平野撫子は、ライトに照らされて可愛らしく咲いていました。

造幣局の桜の通り抜けは、今月21日まで開催中。

【撮影日/2009.4.15】
    23:38  Comment : 2  Top

2009.04.17[金] 山科疎水の桜

090405-22.jpg

090405-23.jpg

090405-24.jpg

090405-25.jpg

090405-26.jpg

090405-27.jpg

090405-28.jpg

090405-29.jpg

090405-30.jpg

毘沙門堂と山科駅の中ほどにある山科疎水の桜も、そろそろ見頃を迎え始めていました。

疎水の両岸には、地元のボランティアらが育てている菜の花も植えられているのですが、この日の菜の花は、まだ咲き始め~3分咲き程度だったのがちょっと残念…。

その代わり(?)、疎水沿いの道端にスノードロップ(最後の写真)が可憐に咲いていました。

【撮影日/2009.4.5】
    23:22  Comment : 0  Top

2009.04.16[木] 毘沙門堂の桜

090405-14.jpg

090405-15.jpg

090405-16.jpg

090405-17.jpg

090405-18.jpg

090405-19.jpg

090405-20.jpg

090405-21.jpg

蹴上から地下鉄に乗って山科へ。
まず訪れたのは毘沙門堂。

毘沙門堂は、数年前までは桜の穴場スポットでしたが、最近は定番スポットになりつつありますね。
久しぶりに訪れましたが、やはり団体さんも多く来られていました…。

毘沙門堂の桜といえば、樹齢100年以上といわれる枝垂桜(毘沙門枝垂れ)ですが、この日は、少し開花が遅れていたのか全体的にまだ5分咲きほどでした。
一方、ソメイヨシノは7分~満開と見頃を迎えていました。

【撮影日/2009.4.5】
    23:44  Comment : 0  Top

2009.04.15[水] 蹴上インクラインの桜

090405-09.jpg

090405-10.jpg

090405-11.jpg

090405-12.jpg

090405-13.jpg

南禅寺のあと、当初の予定ではパスしようと思っていた蹴上インクラインでしたが、せっかくなのでサクッと覗いてみることに…。
この日は、全体的に3~5分咲き程度。

【撮影日/2009.4.5】
    23:25  Comment : 0  Top

2009.04.14[火] 南禅寺の桜

090405-01.jpg

090405-02.jpg

090405-03.jpg

090405-04.jpg

090405-05.jpg

090405-06.jpg

090405-07.jpg

090405-08.jpg

もう2週間ほど前になりますが…。
今頃になって、やっとこさ京都の桜です…(汗)。

ていうか、もうそろそろサクラ飽きてません?
あと少しなので、しばらくはまだ桜のお付き合いを…(^^;

というわけで。
まずは、桜の定番スポット、南禅寺から。

この日、境内の桜は満開~7分咲き。
前日の雨雫が少し重たげで、空もどんより曇り空でした。

【撮影日/2009.4.5】
    21:11  Comment : 6  Top

2009.04.13[月] 鶴見緑地の桜

090411-01.jpg

090411-02.jpg

090411-03.jpg

090411-04.jpg

090411-05.jpg

090411-06.jpg

090411-07.jpg

090411-08.jpg

大阪の桜もいよいよ終盤。
造幣局を除いて、どこも今は落花盛んですね。

そんななか、大阪の桜の〆にちょこっと鶴見緑地へ。
この日は、満開~散り始めで、少しピークを過ぎていたようでしたが、初夏を想わせる陽気に恵まれ、非常に多くの家族連れが花見に訪れていました。

【撮影日/2009.4.11】
    22:51  Comment : 0  Top

2009.04.12[日] 高津さんの夜桜

090403-10.jpg

090403-11.jpg

090403-12.jpg

090403-13.jpg

090403-14.jpg

090403-15.jpg

090403-16.jpg

090403-17.jpg

090403-18.jpg

090403-19.jpg

090403-20.jpg

090403-21.jpg

古典落語「高津の富」や、文楽の夏狂言「夏祭浪花鑑」で有名な高津宮。

高津宮は、芸能関係者や大阪人にとっては「高津(こうづ)さん」という愛称で親しまれている神社ですが、古くから桜の名所としても知られています。

上町台地に位置する高津宮の境内と隣接する高津公園には、約70本のソメイヨシノが植えられており、毎年、近くの会社員や近所の人たちが賑やかな花見の宴を繰り広げていますが、本殿のある境内の石段を上がると、辺りは一変して静かに桜を愛でることができます。

この日は、7分咲きほどでしたが、ちょうど「桜まつり」の期間中で、日没後は雪洞を立てて夜桜を楽しむことができ、薄明かりの雪洞の光に照らされて、さながら幽玄の世界を見るかのようでした。

【撮影日/2009.4.3】
    21:02  Comment : 0  Top

2009.04.11[土] 真田山旧陸軍墓地の桜

090403-06.jpg

090403-07.jpg

090403-08.jpg

090403-09.jpg

三光神社に隣接する真田山旧陸軍墓地は、明治初期に我が国で初めて作られたという旧陸軍の墓地で、近代日本における戦争を現在に伝える貴重な歴史的遺跡として保存されています。

整然と立ち並ぶ墓碑の周辺には、戦争の犠牲となった軍人らの御魂を鎮めるかのように、桜が美しく咲き誇っていましたが、「戦争と平和」という人類最大のテーマをふと考えたとき、桜の下の墓碑の傍らで近所の人たちが弁当を広げている光景を見て、平和ボケしている今の日本を象徴しているかのようにも思えました。

【撮影日/2009.4.3】
    22:02  Comment : 2  Top

2009.04.10[金] 三光神社の桜

090403-01.jpg

090403-02.jpg

090403-03.jpg

090403-04.jpg

090403-05.jpg

大阪・玉造にある三光神社。

三光神社が鎮座する宰相山(真田山)には、大阪城の出城が置かれ、大坂の陣の折には真田幸村が大坂城から神社境内地までの抜け穴を掘ったとされる遺跡が現在も残されています。

三光神社の境内と一体となっている宰相山公園は古くから桜の名所として親しまれ、この日も、近所の人たちが散歩がてら、見頃を迎え始めた桜の花見に訪れていました。

【撮影日/2009.4.3】
    23:12  Comment : 0  Top

2009.04.09[木] 大阪城の夜桜

090408-01.jpg

090408-02.jpg

090408-03.jpg

090408-04.jpg

090408-05.jpg

090408-06.jpg

090408-07.jpg

090408-08.jpg

090408-09.jpg

090408-10.jpg

090408-11.jpg

大阪城の桜が続きますが、今回は夜桜編…。

昼間の真っ青な空に桜もよく映えますが、夜の暗闇に浮かび上がる桜も幻想的ですよね。

観桜ナイターが行なわれている西の丸庭園では、会社帰りのサラリーマンやOLらが、満開の夜桜の下で賑やかに酒宴を繰り広げており、横目で「羨ましいなぁ…」と思いつつ、黙々と撮影してました…。

【撮影日/2009.4.8】
    23:18  Comment : 0  Top

2009.04.08[水] 大阪城の桜

090407-01.jpg

090407-02.jpg

090407-03.jpg

090407-04.jpg

090407-05.jpg

090407-06.jpg

090407-07.jpg

090407-08.jpg

090407-09.jpg

090407-10.jpg

3月末の寒波により、少し停滞気味だった大阪の桜も、先週末頃から一気に開花が進み、大阪城の桜は、まさに今が満開見頃。

…というわけで、大阪城の近くを通りがかる用事があったので、駆け足で満開の大阪城の桜を見てきました。

初夏の陽気を想わせる穏やかな昼下がり。
大阪屈指の桜の名所のひとつである大阪城公園には、平日であるにも関わらず、大勢の観光客や花見客らが、満開の桜の下で弁当を広げていました。

それにしても、「城と桜」って、よく合いますよね。

【撮影日/2009.4.8】
    23:04  Comment : 0  Top

2009.04.07[火] 祇園白川の夜桜

090329-73.jpg

090329-74.jpg

090329-75.jpg

090329-76.jpg

090329-77.jpg

090329-78.jpg

090329-79.jpg

090329-80.jpg

府庁の夜桜に飽き足らず、この日最後の〆に、祇園白川のライトアップを見てきました。

先ほどまでの静かな府庁の夜桜とは対照的に、こちらは、やはりすごい人出…。
でも、祇園情緒のある枝垂れ桜の夜桜は幻想的で華やかです。
それだけに、多くの人の心を惹き付けるのでしょう。

この日、祇園白川の枝垂れ桜はほぼ満開でしたが、ソメイヨシノは3分咲き程度だったので、今頃は、満開となって、さらに華やいだ雰囲気を醸し出していることでしょう。

【撮影日/2009.3.29】
    23:40  Comment : 0  Top

2009.04.06[月] 京都府庁旧本館の枝垂れ桜

090329-64.jpg

090329-65.jpg

090329-66.jpg

090329-67.jpg

090329-68.jpg

090329-69.jpg

090329-70.jpg

090329-71.jpg

090329-72.jpg

年に2回、重要文化財にも指定されている京都府庁旧本館の春季一般公開が開催されていたので、立ち寄ってみました(3月29日)。

旧本館の中庭には、桜守・第15代佐野藤衛門が植えたという見事な枝垂れ桜があり、この日、ちょうど満開見頃を迎えていました。
因みに、この枝垂桜は、円山公園の初代枝垂れ桜の「孫」にあたるのだそうですね。

レトロな館内を巡りながら、手漉きガラスの窓越しに見る枝垂れ桜は、なかなかオツなもの。
日没を待って、徐々にライトアップされていく枝垂れ桜はとても幻想的でした。

【撮影日/2009.3.29】
    22:56  Comment : 0  Top

2009.04.05[日] 水火天満宮の紅枝垂れ桜

090329-59.jpg

090329-60.jpg

090329-61.jpg

090329-62.jpg

090329-63.jpg

堀川寺之内からすぐそばにある水火天満宮。
広くはない境内に、満開の紅枝垂れが覆うように咲き誇ります。

【撮影日/2009.3.29】
    23:58  Comment : 2  Top

2009.04.04[土] 堀川寺之内界隈の桜

090329-51.jpg

090329-52.jpg

090329-53.jpg

090329-54.jpg

090329-55.jpg

090329-56.jpg

090329-57.jpg

090329-58.jpg

京都・西陣の堀川寺之内界隈には、静かに桜を愛でることができる寺院が数多く点在しています。
今回訪れた、妙覚寺(1・2枚目)、妙顕寺(3・4枚目)、妙蓮寺(5・6枚目)、本法寺(7・8枚目)も、その一つ。
なかでも、妙蓮寺の「御会式桜」は、10月から咲き始め、4月に満開になるという珍しい桜です。

【撮影日/2009.3.29】
    23:58  Comment : 0  Top

2009.04.03[金] 本満寺の枝垂れ桜

090329-46.jpg

090329-47.jpg

090329-48.jpg

090329-49.jpg

090329-50.jpg

出町柳から歩くこと約10分。
本満寺の枝垂れ桜は、この日、ほぼ満開見頃。
優雅で気品に満ちた枝垂れ桜です。

【撮影日/2009.3.29】
    23:54  Comment : 0  Top

2009.04.02[木] 岩屋寺の枝垂れ桜

090329-41.jpg

090329-42.jpg

090329-43.jpg

090329-44.jpg

090329-45.jpg

大石神社のすぐ隣にある岩屋寺。
山科の街並みを見下ろすように、枝垂れ桜が咲き誇っていました。

【撮影日/2009.3.29】
    23:51  Comment : 0  Top

2009.04.01[水] 大石神社の大石桜

090329-31.jpg

090329-32.jpg

090329-33.jpg

090329-34.jpg

090329-35.jpg

090329-36.jpg

090329-37.jpg

090329-38.jpg

090329-39.jpg

090329-40.jpg

醍醐寺のあと、「忠臣蔵」で有名な大石内蔵助を祀る山科の大石神社へ。

境内には「大石桜」と呼ばれる御神木が植えられ、この日は、ちょうど満開見頃。
大きく枝を張りながら枝垂れる満開の「大石桜」は、四十七士の義挙を称えているかのようでした。

【撮影日/2009.3.29】
    23:49  Comment : 0  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。