写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.01.31[日] 1月のコンサート雑感

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
    21:10  Top

2010.01.29[金] 京都府立植物園で早春の息吹きを求めて

100124-19.jpg

100124-20.jpg

100124-21.jpg

100124-22.jpg

100124-23.jpg

100124-24.jpg

100124-25.jpg

100124-26.jpg

100124-27.jpg

100124-28.jpg

100124-29.jpg

100124-30.jpg

冬枯れの府立植物園で、早春の息吹きを求めて草花ウォッチングするのは楽しいものです。

…とはいうものの、まだ1月。

節分草も咲いておらず、当然ながら梅花&芹葉黄蓮などもまだまだ…。
植物生態園はまだ冬枯れのままか…と、そっと落ち葉を取り除いてみると…。

おや、こんにちはッ!

落ち葉の中で顔を覗かせた福寿草が着実に成長中のようで、まもなく開花しそう。
順調に成長している福寿草を確認すると、ささやかな感動を胸に、再び落ち葉を元に戻してあげました(^^)

園内では、咲き始めたスノードロップも順調に開花が進み、日本水仙やラッパ水仙も見頃を迎えていますが、さらに注意深く観察しながらウォッチしてみると、足元にはオオイヌノフグリやハコベがちらほらと咲き始め、クロッカスもほんの数輪だけですが咲いているのを確認しました。

1枚目…福寿草の蕾
2枚目…ハコベ
3枚目…オオイヌノフグリ
4枚目…日本水仙
5枚目…ラッパ水仙
6枚目…スノードロップ
7枚目…子福桜
8枚目…梅もどき
9枚目…レンギョウ
10枚目…ハナナ
11枚目…クロッカス
12枚目…藁ぼっちに包まれたソテツ

ほかにも、見頃は過ぎたものの子福桜や梅もどきの赤い実も何とか残している一方、連翹が僅かながらに咲き始めているのには少し驚きました。

冬枯れの園内での草花ウォッチは、目立たないながらも早春の息吹きを感じさせてくれるひと時でしたが、藁ぼっちに包まれたソテツを見ると、やはり、まだまだ京都の冬は続きそうです。

【撮影日/2010.01.24】
    23:36  Comment : 2  Top

2010.01.28[木] 京都府立植物園でほころび始めた早咲きの梅と素心蝋梅

100124-14.jpg

100124-15.jpg

100124-16.jpg

100124-17.jpg

100124-18.jpg

守山をあとに、午後から京都でコンサートを聴くため北山へ移動。
コンサート開演まで少し時間があったので、府立植物園で時間を潰すことにしました…(^^;ヾ

府立植物園へは今月10日にも訪れたばかりですが、2週間前にはまだ蕾が固かった梅林の梅がほころび、紅梅の寒衣や紅冬至、白梅の玉牡丹などの早咲き梅が、ちらほらと咲き始めていました。

1枚目…紅冬至
2枚目…玉牡丹
3枚目…寒衣
4枚目…蝋梅
5枚目…素心蝋梅

また、蝋梅の花数は減ってきているものの見頃が続き、素心蝋梅も今月末から来月上旬頃には満開見頃となりそうです。

【撮影日/2010.01.24】
    22:49  Comment : 0  Top

2010.01.26[火] 冬の琵琶湖畔風景

100124-11.jpg

100124-12.jpg

100124-13.jpg

日本最大の面積を誇り、関西の水瓶とも称される琵琶湖。
琵琶湖が形成された時期は、約400~600万年前とされているそうで、ロシアのバイカル湖やタンザニアのタンガニーカ湖に次ぐ世界で3番目に古い湖だと言われています。

菜の花畑から湖畔の堤防に上がると、対岸の比良山から湖面を通って吹く冷たい風が心地良くて、ブラッと散策してみることにしました。

1枚目の写真は、今は冬枯れの葦が群生する湾処ですが、何気ない風景でありながらも、いかにも湖南の冬景色という感じがしますよね。

2枚目の写真の手前にある砂浜は、ハマヒルガオの群生地として地元の方々が保全に努めておられ、初夏になると一面に淡い紫色をしたハマヒルガオが咲き誇ります。
また遠くには、神々が宿るとされる竹生島が浮かんでいるのが見えていますね。

そして3枚目は、対岸に迫る冠雪の比良山と琵琶湖の風景。
琵琶湖では、冬から春にかけて伝統的な定置漁である“えり漁”が見られ、写真の左手には、その“えり漁”の杭が見えますが、この風景も琵琶湖の冬を感じさせる一風景のひとつかも知れません。

世界有数の古代湖として貴重な資源や生態系を今に残す琵琶湖。
しかし、琵琶湖は関西の水瓶であるだけでなく、豊かな自然と水産資源に恵まれた宝庫であることには違いありませんが、近年はブラックバスやブルーギルなどの外来種により、その生態系が崩壊しつつあると危惧されています。

そんな琵琶湖の生態系を保全するためには、市民や行政などの枠を越えて多くの人が保全に関心を持つ枠組みを構築することが必要なのかもしれませんね。

【撮影日/2010.01.24】
    22:56  Comment : 0  Top

2010.01.25[月] 琵琶湖・守山のカンザキハナナ

100124-01.jpg

100124-02.jpg

100124-03.jpg

100124-04.jpg

100124-05.jpg

100124-06.jpg

100124-07.jpg

100124-08.jpg

100124-09.jpg

100124-10.jpg

滋賀・守山の琵琶湖岸にある第1なぎさ公園で、カンザキハナナが見頃だというので出掛けてきました。

対岸に連なる比良山系の冠雪を背景に、約12000本のカンザキハナナが一面に広がる風景は、地元の人はもとより、多くの観光客やカメラマンを魅了し、今や守山の冬の風物詩としてすっかり定着しました。

数年前に初めて訪れた時は、あいにく曇りがちな天気で、時折見せる晴れ間から比良山の冠雪も一応は拝めたものの、なかなか満足のいく写真が撮れず不完全燃焼だったのですが、今回は、朝から真っ青な空が広がる好天に恵まれ、比良山の冠雪を背景にしたカンザキハナナを撮ることができ、数年越しのリベンジをようやく果たすことができました(^^)

【撮影日/2010.01.24】
    23:56  Comment : 0  Top

2010.01.23[土] 大阪城に咲き始めた早咲きの梅

100117-35.jpg

100117-36.jpg

100117-37.jpg

100117-38.jpg

100117-39.jpg

100117-40.jpg

100117-41.jpg

大阪城梅林では寒紅や冬至など、早咲きの梅がちらほらと咲き始め、早くも観光客らの目を楽しませています。

なかでも、クネクネと曲がりくねった枝振りが特徴的な「香篆(こうてん)」(5枚目)は、早咲き品種として知られ、97品種1240本ほどある大阪城梅林のなかでは、寒紅や冬至梅などと共にいち早く満開を見せます。

1枚目…寒紅
2枚目…冬至
3枚目…八重野梅
4枚目…初雁
5枚目…香篆(こうてん)
6枚目…雲錦朱砂

最後の写真は雁木坂から眺めた梅林の全景ですが、ご覧のとおり、この日は全体的にまだ「ちらほら咲き」で一分にも満たない開花状況(1/17現在)。
このまま順調に行けば、例年通り、来月中~下旬頃にかけて見頃を迎え、梅林全体に白やピンクに染まるでしょう。

【撮影日/2010.01.17】
    23:34  Comment : 0  Top

2010.01.22[金] 大阪城の素心蝋梅

100117-26.jpg

100117-27.jpg

100117-28.jpg

100117-29.jpg

100117-30.jpg

100117-31.jpg

100117-32.jpg

100117-33.jpg

100117-34.jpg

長居植物園のあと、地下鉄を乗り継いで大阪城へ。
城南地区にある「においの森」や梅林の素心蝋梅が満開となり、爽やかな香りを漂わせていました。

素心蝋梅は、いわゆる「蝋梅」とは違って、花全体が黄色で中央部の色の変化のないものを「素心蝋梅」と呼ばれており、香りも「蝋梅」より強いとされています。
大阪城の蝋梅は、この「素心蝋梅」が多く、普段から見慣れているせいか、個人的にはこちらの方が好みですね。

因みに「素心」とは、「①普段の考え。本心。②偽りのない心。飾らない心。(大辞林 第二版)」とあり、「素心蝋梅」は、まさに「色の変化がない=飾らない」ことを指しているようです。

真っ青な空によく映える素心蝋梅。
芳香とともに、冬枯れのなかで一際目立って辺りを明るくさせていました。

【撮影日/2010.01.17】
    23:31  Comment : 2  Top

2010.01.20[水] 長居植物園の水仙

100117-11.jpg

100117-12.jpg

100117-13.jpg

100117-14.jpg

100117-15.jpg

厳寒の時期に芳香を放ちながら、燐として咲く水仙。
長居植物園では、あちらこちらで水仙を見ることができ、そろそろ見頃を迎え始めていました。

そういえば今日は二十四節気の「大寒」ですね。
一年のうちで最も寒い日とされていますが、ここ数日は暖かい日が続き、長居植物園を訪れた17日も「寒の内」を忘れさせるほどの穏やかな陽気でした。

【撮影日/2010.01.17】
    23:35  Comment : 2  Top

2010.01.19[火] 長居植物園に咲く早春の花

100117-16.jpg

100117-17.jpg

100117-18.jpg

100117-19.jpg

100117-20.jpg

100117-21.jpg

100117-22.jpg

100117-23.jpg

100117-24.jpg

100117-25.jpg

小春日和の陽気に誘われるかのように、園内ではネコヤナギ(1・2枚目)が帽子を脱ぎ始めて、まだかまだかと春を待っている様子。
また、地面では目立たぬようにホトケノザ(4枚目)が咲き始めているのに気づきました。

ほかにも、公園内にある十月桜(7枚目)の見頃が続く一方で、素心蝋梅(5枚目)や木瓜(3枚目)、寒咲きチューリップ(6枚目)なども咲き始めていました。

ホトケノザやネコヤナギを見ると早春の訪れを感じさせますが、この日、大阪市内であるにも関わらず、園内の大池に氷(8・9枚目)が張っていたのを見ると、やはり、まだまだ春は遠そうですね…。

最後の写真は、パンジーの花で彩られた新春恒例の「干支タペストリー」。

【撮影日/2010.01.17】
    22:58  Comment : 0  Top

2010.01.18[月] 長居植物園のカンザキハナナ

100117-01.jpg

100117-02.jpg

100117-03.jpg

100117-04.jpg

100117-05.jpg

100117-06.jpg

100117-07.jpg

100117-08.jpg

100117-09.jpg

100117-10.jpg

大阪・長居植物園でカンザキハナナが見頃を迎えているというので出掛けてきました。

朝から雲ひとつない晴天に恵まれ、真っ青な空と黄色のカンザキハナナがよく映えます。
この日、風は冷たいものの、陽に当たっていると暖かく、一面に広がるカンザキハナナを眺めていると、少しばかり春を先取りしたような気分になりました。

【撮影日/2010.01.17】
    23:43  Comment : 2  Top

2010.01.17[日] 元興寺に咲く冬の花

100111-45.jpg

100111-41.jpg

100111-42.jpg

100111-43.jpg

100111-44.jpg

極楽坊では見頃の山茶花(3枚目)とともに、素心蝋梅(5枚目)が咲き始めており、塔址では蝋梅(2枚目)がほぼ見頃を迎えていました。
ほかにも、極楽坊近くでは木瓜(4枚目)がちらほらと咲き始めていました。

【撮影日/2010.01.11】
    21:45  Comment : 2  Top

2010.01.16[土] 元興寺の水仙

100111-31.jpg

100111-32.jpg

100111-33.jpg

100111-34.jpg

100111-35.jpg

100111-36.jpg

100111-37.jpg

100111-38.jpg

100111-39.jpg

100111-40.jpg

季節を通じていろんな花に出会える元興寺。
花の少ない今のシーズンは、水仙をはじめとした冬の花に出会うことができます。

極楽坊の水仙(1~3枚目)は、全体的に咲き始め~5分咲きほどでしたが、小塔院(6~10枚目)ではほぼ満開の見頃。一方、塔址(4~5枚目)では八重咲きの水仙が多く見られました。

【撮影日/2010.01.11】
    23:24  Comment : 2  Top

2010.01.15[金] 二月堂で咲き始めた梅と冬の花

100111-26.jpg

100111-27.jpg

100111-28.jpg

100111-29.jpg

100111-30.jpg

あまり花のイメージが少ない二月堂ですが、よく目を凝らしてみると、本堂の東南に位置する飯道神社付近の紅梅や、回廊北側の蝋梅などが咲き始め、山茶花も見頃を迎えていました。

さて、二月堂のお水取り(修二会)が始まると、いよいよ奈良にも本格的な春がやってきますね。
それまでは寒い日が続き、春が待ち遠しいです…。

【撮影日/2010.01.11】
    23:10  Comment : 0  Top

2010.01.14[木] 東大寺大仏殿と二月堂、元興寺極楽坊

100111-11.jpg

100111-12.jpg

100111-13.jpg

100111-14.jpg

100111-15.jpg

100111-16.jpg

100111-17.jpg

100111-18.jpg

100111-19.jpg

100111-20.jpg

100111-21.jpg

100111-22.jpg

100111-23.jpg

100111-24.jpg

100111-25.jpg

今年、平城遷都1300年を迎える古都・奈良。
既に1月1日より記念事業が県内各地で始まっており、多くの観光客で賑わいを見せていますが、自分も早速、平城遷都1300年に沸く奈良公園と元興寺界隈をブラッと散策してみました。

まずは東大寺大仏殿と二月堂から。

大仏殿(東大寺金堂)の中に入ったのは、実に十数年ぶりで、国宝に指定されている大仏(銅造盧舎那仏坐像)を真下から見上げると圧巻ですが、世界最大の木造建築である国宝の大仏殿にも改めてその偉容に圧倒させられます。
しかし、現存する大仏殿は江戸時代の再建だそうですが、天平時代の創建当時と比べると、奥行きと高さは同規模ながら幅は約2/3ということですから、いかに創建時の規模が大きかったことか窺い知ることができます。

大仏殿の東側に位置する二月堂は、毎年3月の「お水取り(修二会)」があまりにも有名ですが、現在の二月堂は、寛文年間のお水取りで焼失したものを江戸幕府の援助で再建されたもの。
丘陵地に建つ二月堂は、その地形を上手く利用して、清水寺などに見られるような、床下に組んだ柱で建物を支える「懸造り」という建築様式が基本となっています。
「お水取り」という長い伝統行事の場という目的に特化した特異な建築として高く評価され、平成17年に国宝に指定されています。

最後に訪れたのは、「古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている元興寺極楽坊。
創建当時の元興寺は、東大寺や興福寺にも匹敵するほどの大伽藍を擁していましたが、平安後期より徐々に衰退し、明治~昭和30年頃にかけては、現在、国宝に指定されている極楽坊本堂など、床は落ち、屋根は破れて「化け物が出る」と言われるほどの荒れ方だったそうです。
現在の極楽坊本堂は、同じく国宝に指定されている禅室とともに、1960年代以降に境内の整備・改修が進められ、その際に発掘された飛鳥時代の古式瓦が多用されるなど、隆盛を極めた創建時の美しさを今に伝えています。

710年の平城遷都から丁度1300年を迎える古都・奈良。
今春から秋にかけて平城宮跡では、「平城遷都祭」を核とした多彩な記念イベントも繰り広げられる予定で、今年の奈良はいつにも増して熱い一年となりそうです。
“キモカワ”で一躍有名になった「せんとくん」も、奈良の街で多くの観光客を待っています♪

【撮影日/2010.01.11】
    22:17  Comment : 0  Top

2010.01.13[水] 般若寺の水仙

100111-01.jpg

100111-02.jpg

100111-03.jpg

100111-04.jpg

100111-05.jpg

100111-06.jpg

100111-07.jpg

100111-08.jpg

100111-09.jpg

100111-10.jpg

連休最終日となった成人の日、久しぶりに奈良・般若寺を訪れました。
般若寺といえば、秋のコスモスが特に有名ですが、冬の境内には水仙が咲くことでも知られています。

この日、水仙の開花はまだ全体の4~5分咲きほどでしたが、境内で可憐に咲く水仙は、コスモスの華やかさとは対照的な雰囲気を醸し出していました。

【撮影日/2010.01.11】
    23:10  Comment : 2  Top

2010.01.12[火] 京都府立植物園に咲く冬の花

100110-14.jpg

100110-15.jpg

100110-16.jpg

100110-17.jpg

100110-18.jpg

100110-19.jpg

冬枯れの府立植物園は、さすがに春などのように華やかさは感じられませんが、この日は、早くもスノードロップ(2枚目)が咲き始め、ガリル(5枚目)やペチコート水仙(6枚目)が見頃を迎えていました。

1枚目…黄花水仙
2枚目…スノードロップ
3枚目…蛇の目エリカ
4枚目…蝋梅
5枚目…房咲水仙(ガリル)
6枚目…ペチコート水仙(ナルキッサス)

まだまだ寒い日が続きそうですが、スノードロップなんかが咲き始めると、もう春も近いのかな…などと思ってしまいますね。

【撮影日/2010.01.10】
    23:29  Comment : 0  Top

2010.01.11[月] 京都府立植物園に咲く早咲きの椿

100110-06.jpg

100110-07.jpg

100110-08.jpg

100110-09.jpg

100110-10.jpg

100110-11.jpg

100110-12.jpg

100110-13.jpg

遺憾千万の想いで高桐院を後にしたものの、このまま、おめおめと大阪へ帰ってはオトコが廃る!
…ってなことで、どうしても雪中花を見ないと気が済まなかったので、北山の府立植物園へ…(^^;ヾ
まぁ、ちょうどコンサートホールで予約してあったチケットの引取りもありましたし…。

さすがに植物園の「つばき見本園」では、早咲き品種の椿が所々で咲き、高桐院で出鼻を挫かれた「雪中花」も、ここ植物園ではちゃんと咲いていました(^^)

白地に淡いピンクを帯びた雪中花。
高桐院で見たかったなぁ…と思いつつ、どうにか(ムリヤリ?)植物園で見ることができて良かったです。
ほかにも、「桃色雪中花」や「菊冬至」など早咲き品種の椿がたくさん咲いていました。

1枚目…雪中花
2枚目…桃色雪中花
3枚目…京唐子
4枚目…土佐有楽
5枚目…鹿児島
6枚目…紅唐子
7枚目…菊冬至
8枚目…金花茶

最後の黄色い椿は、1965年に中国・広西省で発見されたという「金花茶(キンカチャ)」。
椿としては珍しい黄色花で、当時は大変もてはやされたそうですね。
この金花茶は、観覧温室にあるのですが、館内がとても温かいせいでレンズが曇るくもる…(^^;ヾ

【撮影日/2010.01.10】
    22:35  Comment : 0  Top

2010.01.10[日] 冬の高桐院

100110-01.jpg

100110-02.jpg

100110-03.jpg

100110-04.jpg

100110-05.jpg

正月休みは体調不良のため、一歩も外へ出れず、まさに文字通り「寝正月」を満喫してしまいました…。
というわけで、ようやく今年最初の撮影活動です。

今年最初の撮影は、以前から気になっていた京都・大徳寺塔頭にある高桐院の「雪中花」。
「雪中花」は早咲きの椿で、高桐院固有の品種であることは有名ですが、是非とも高桐院で見てみたいと思っていました。

秋の紅葉シーズンには多くの観光客で賑わう高桐院も、さすがに底冷えする真冬のシーズンは閑散としたもの。
しばらく本堂南庭を完全貸切状態でぼんやり眺めたあと、いよいよお目当ての「雪中花」へ。

細川家歴代の墓塔の傍らにひっそりと佇む雪中花。
おや?花が咲いていない…?!
いくら探せど雪中花が一輪も咲いていません…。
開花にはまだ早過ぎたのか?
それとも遅かったのか??

結局、この日は非常に残念ながら高桐院に咲く雪中花を見ることができませんでした。
花の開花時期って、やっぱり難しいですね…。
年の初めから、いきなり出鼻を挫かれたような形となり、遺憾千万の想いで冬の高桐院を後にしたのでした…。

【撮影日/2010.01.10】
    21:48  Comment : 0  Top

2010.01.01[金] 恭賀新年

100101.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

写真の花は、正月らしく縁起物の福寿草。
京都府立植物園にて。
    18:32  Comment : 2  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。