写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.02.24[木] 東京・池上本門寺の河津桜

110220-11.jpg

110220-12.jpg

110220-13.jpg

110220-14.jpg

110220-15.jpg

110220-16.jpg

110220-17.jpg

110220-18.jpg

池上梅園をあとに、コンサート開演までしばらく時間があったので、予てより一度行きたかった池上本門寺を訪ねました。

池上本門寺は、日蓮宗の大本山で日蓮大聖人入滅の霊蹟として有名で、毎年10月11~13日の御会式には、非常に多くの参拝客らで大変な賑わいを見せることで知られています。

総門から96段あるという「此経難持坂」の中腹あたりに植わる一本の河津桜が8分ほどに開花が進み、ちょうど見頃を迎えていました。
まさか、東京で河津桜に出会えるとは予想していなかったので嬉しかったです(^^)
しかし、惜しむらくは真っ青な空だったら、河津桜もさらに惹き立っていたのでしょうが、天候ばかりは運次第なので仕方ありませんね…。

ところで、事前に池上本門寺の公式サイトで下調べをしていたときに、WEBカメラで生ライヴ映像を配信していることに気づきました。
生ライヴ映像は、金閣寺をはじめ京都の観光寺院の公式サイトなどでもたまに見ますよね。365日24時間、いつでも金閣寺の生の様子が見られるという…、アレです。

ん~、これはひとつ利用してみる手はないなッと思い、現地から姉に池上本門寺の公式サイトを見るように電話をしてみました。
姉は怪訝ながらも、公式サイトのライヴ映像を見てみると、そこには手を振っているヘンなオトコが映し出され、そのヘンなオトコが我が弟だと知ると、姪と甥も一緒になって爆笑しながら「飛び跳ねろ」だの「片足上げろ」だの…。
因みに、ライヴ映像に自分が映っていた間、姉家族以外に「8人視聴中」だったとか…(汗)。

生ライヴ映像を視聴されていた8人の皆様、勝手にWEBカメラで遊んでゴメンなさい…(^^;ヾ

【撮影日/2011.02.20】
スポンサーサイト
    23:25  Comment : 4  Top

2011.02.23[水] 東京・池上梅園の梅

110220-01.jpg

110220-02.jpg

110220-03.jpg

110220-04.jpg

110220-05.jpg

110220-06.jpg

110220-07.jpg

110220-08.jpg

110220-09.jpg

110220-10.jpg

先日の日曜日、贔屓にしている大阪フィルハーモニー交響楽団の年に一度の東京公演を聴くため、今年も御江戸に日帰りで参上してきました。

午後からのコンサート開演に先立って、少しだけ東京見物を…と考えて、大田区の池上にある区立池上梅園へ。

池上梅園は、日蓮宗大本山の池上本門寺西側に位置する丘陵斜面を利用した庭園で、9880㎡ある敷地には、30種類370本の梅が植栽されており、毎年2月中旬~3月上旬のシーズンには、非常に多くの観梅客らで賑わうそうです。

この日の東京は、あいにくの曇り空…。
例年ならば満開見頃を迎えている時期なのだそうですが、数日来の寒波の影響からか、梅の開花が少し足踏みしているようで、訪れた日は5~7分咲きのようでした。

しかし、そんな中、足元では福寿草の蕾が大きく膨らんで開花も間近。
もうすぐ春ですね。

【撮影日/2011.02.20】
    23:01  Comment : 0  Top

2011.02.19[土] 興正寺の紅梅

110213-21.jpg

110213-22.jpg

110213-23.jpg

110213-24.jpg

110213-25.jpg

110213-26.jpg

110213-27.jpg

北野天満宮をあとに、堀川七条にある興正寺の紅梅がそろそろ見頃を迎えているのではと思い、今年も見に行ってみました。

山門越しに覗かせる興正寺の紅梅は、この日、7分ほどに開花が進み見頃を迎え始めたところ。
一方、白梅はまだ蕾が固そうでしたが、紅梅の見頃が終わる頃には、白梅も見頃を迎えることでしょう。

【撮影日/2011.02.13】
    23:45  Comment : 2  Top

2011.02.18[金] 北野天満宮の早咲き梅

110213-15.jpg

110213-16.jpg

110213-17.jpg

110213-18.jpg

110213-19.jpg

110213-20.jpg

北野天満宮では、時間の都合で蝋梅だけを撮影しに来たつもりだったのですが、やはり、ちらほら咲き始めた梅を見ると、どうしてもカメラを向けたくなりますね…(^^;ヾ

今シーズンはもう一度くらい、機会があれば北野天満宮の梅を見に行けたら…と思いますが、どうなりますことやら。

【撮影日/2011.02.13】
    23:52  Comment : 0  Top

2011.02.17[木] 北野天満宮の蝋梅

110213-09.jpg

110213-10.jpg

110213-11.jpg

110213-12.jpg

110213-13.jpg

110213-14.jpg

思わずバスを飛び降りて護念寺の素心蝋梅を見た後、再びバスで北野天満宮へ。
多くの受験生と思しき学生らで賑わう境内では、早咲きの梅がそろそろ見頃を迎えつつありましたが、今回の目的は「蝋梅」。

前エントリーで紹介した「素心蝋梅」とは少し違って、「蝋梅」は花弁がやや鋭く、中心部が暗紫色になっているのが特徴的ですよね。

ほのかな香りを辺りに漂わせながら、日の光に照らされる蝋梅は、その名の由来どおり、蝋燭に火を灯したかのようにも見えました。

【撮影日/2011.02.13】
    23:40  Comment : 0  Top

2011.02.16[水] 護念寺の素心蝋梅

110213-06.jpg

110213-07.jpg

110213-08.jpg

バスで北野天満宮へ向かう途中、バスが千本今出川のバス停で停車すると、車窓から山門越しに満開の素心蝋梅が見えたので、慌てて思わず途中下車してしまいました。

護念寺という浄土宗の小さな非公開寺院で、山門の前には柵で仕切られているため境内に立ち入ることはできませんが、さほど広くはない境内に佇む一本の素心蝋梅は、ハッとさせるような存在感がありました。

【撮影日/2011.02.13】
    21:51  Comment : 2  Top

2011.02.15[火] 大蓮寺の素心蝋梅

110213-01.jpg

110213-02.jpg

110213-03.jpg

110213-04.jpg

110213-05.jpg

先月の長谷寺以来、撮影活動が止まってしまい、しばらく更新が滞ってしまいました…。

さて先日の日曜日、ようやく撮影活動ができる環境となり、この日は、午後から東山安井にある菩提寺で法要があったので、菩提寺に参詣する前に東山二条の大蓮寺へ素心蝋梅の撮影に出掛けてみました。

とはいうものの、そろそろ素心蝋梅の見頃は終盤を迎えている頃かな…と思ったりもしましたが、先日来からの寒波の影響なのか、まだまだ見頃が続いており、真っ青な空の下、境内に芳香を漂わせながら素心蝋梅の可愛らしい花をいっぱいに咲かせていました。

【撮影日/2011.02.13】
    22:52  Comment : 2  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。