写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2009.10.09[金] 大原野神社の藤袴

090927-30.jpg

090927-32.jpg

090927-33.jpg

090927-34.jpg

090927-35.jpg

北嵯峨から嵐山へ戻ってレンタサイクルを返却した後、阪急電車とバスを乗り継いで大原野神社へ。

大原野神社まではるばるやって来た理由は、境内にあるという原種の藤袴園を見てみたかったから。
しかし、境内を探せど藤袴園など見当たらず…(汗)。

もしかして情報はガセか…?!

と焦りかけていたら、茶屋の裏側にある農園で藤袴らしき群生を発見。
近づいて見てみると、やはり藤袴でした…(^^;ヾ

さて、大原野神社の藤袴。

藤袴は、平安時代から多くの歌にも詠まれ、源氏物語の巻名にもなっている秋の七草のひとつですね。
昔は、河川敷などで野生種(原種)の藤袴を容易に見られたようですが、現在では、この原種の藤袴は絶滅危惧種に指定されているのだとか。

しかし、約10年前に大原野で原種が発見されたことをきっかけに、その200株の保存株を地域の人々によって、大原野神社の境内地などで大切に守られながら栽培され、今では3000株にまで増やすことに成功したのだそうです。

このプロジェクトは、京都の文化や自然環境を守る目的で、地元テレビ局などが「守ろう!藤袴プロジェクト」を立ち上げ、大原野神社で育った原種の藤袴を、毎年、京都市内の観光地や寺院、公共施設などで展示し、多くの観光客らに花と香りを楽しませています。

因みに、先日の「初秋の平安神宮神苑に咲く草花」でエントリーした藤袴も、こちら大原野神社で栽培された原種の藤袴です。

【撮影日/2009.9.27】
    21:33  Comment : 0  Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。