写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.02.09[火] 雪の鹿苑寺金閣

100207-04.jpg

100207-05.jpg

100207-06.jpg

100207-07.jpg

100207-08.jpg

100207-09.jpg

100207-10.jpg

100207-11.jpg

100207-12.jpg

100207-13.jpg

駆け足で雪の京都御苑を少しだけ覗いたあと、当初の予定を急遽変更!
こうなりゃ、行くべきところはただ一つ。
そう、雪の金閣…ですよね!

想えば雪の金閣に憧れ続けて十数年…。
ようやく積年の夢が叶いそう…。

自分の中で思い描く理想としては、真っ白な雪と太陽に照らされて金色に輝く金閣。
そして真っ青な空…。
しかし、自然が相手。理想を求めすぎて折角のチャンスを逃がしては何もなりません。
空は雪雲に覆われてどんよりとしていますが、雪の金閣を見られるだけでも良しとしなければ…。

そんなことを想いながら、今出川からバスで金閣寺へと向かっていました。

金閣寺に到着すると、既に4~50人くらいが列を成し、雪が降りしきるなかジッと開門を待ちます。
やはり、考えることはみんな同じなんだな…と少し可笑しくも思えましたが、それだけ雪の金閣は人々の心を魅了する美しさがあるのでしょう。

開門の15分ほど前になって、薄日が差し込んできました。
このまま晴れて欲しい…。でも、気温の上昇とともに雪解けしないで欲しい…。
という自分勝手な気持ちを抱きながら、さらに待つこと15分。

午前9時ちょうどにようやく開門となり、逸る気持ちを抑えながら、しかし急ぎ足で金閣へと向かいます。

そして目の前に現れた金閣…。

それまで雪雲に覆われていた空は、すっかり晴れて真っ青な空!
太陽に照らされて金色に輝く金閣!

自分が長年憧れ続け、思い描いていた理想の雪の金閣を目の前にすると、カメラのシャッターを押すのも忘れてしまうほど、ただ呆然と立ち尽くして雪の金閣を眺めていたのでした…。

【撮影日/2010.02.07】
    23:57  Comment : 4  Top
Comment
2010.02.10 Wed 17:47  ひらりん #/TJZ51ks
初めまして。
雪の金閣寺は毎冬、チャンスは1度か2度で、必ず、夕刊のトップに掲載されます。
定番といえば、定番ですが、一度くらいはその神々しいお姿を拝んでみたいですけど、開門前に行列!
朝寝坊の私には無理なようです。
着いたら、たぶん、溶けてますね。
こちらのブログを見て、先日は奈良の般若寺の水仙と元興寺に行ってきました。
関西の花の見どころなど、テリトリーが全くいっしょなので、花の見頃などこれからも参考にさせてもらいますね。
雪の金閣寺  [URL] [Edit]
2010.02.10 Wed 23:38  小町 #-
これは素晴らしいですね!
タイミングよく晴れて、しかも雪解けもなく
青空の下で撮影されたというのはすごく強運でいらっしゃる。
あまりにも美しい金閣寺でただただため息です。
本当に美しい、の一言です。
  [URL] [Edit]
2010.02.11 Thu 00:01  恭太郎 #aIcUnOeo
>ひらりん さま

はじめまして。
コメントを頂きまして有難うございます!

雪の金閣寺は、仰るように毎年一度は必ず夕刊トップで取り上げられますよね。
それだけ、やはり一冬に数度ほどしか見ることのできない希少な光景なのかも知れませんね。

この日は、自分の前には4~50人ほど、そして後ろには数え切れないほどの人がズラ~っと並んでいました…(^^;

ところで、このブログを参考に般若寺と元興寺へ行かれたそうで、恐縮ながら、少しでもお役に立てているとしたならば、とても嬉しいです。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。
  [URL] [Edit]
2010.02.11 Thu 00:14  恭太郎 #aIcUnOeo
>小町 さま

こんばんは。

雪の金閣に出会ったときは、憧れ続けた初恋の人にでも会ったかのような気持ちでした…(^^;ヾ
普段は運など持ち合わせていないので、強運の持ち主とは言えませんが、開門まではどんよりと雪雲に覆われていた空が、スカーっと晴れて青空となった時、念力?が通じたみたいで本当に不思議でした。

それにしても、小町さんが仰るように、雪の金閣は、ただただ溜息ばかりで、美しい!の一言に尽きます…。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。