写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.03.13[土] 京都御苑の黒木の梅と梅林の梅

100307-36.jpg

100307-37.jpg

100307-38.jpg

100307-39.jpg

100307-40.jpg

100307-41.jpg

100307-42.jpg

100307-43.jpg

100307-44.jpg

100307-45.jpg

100307-46.jpg

100307-48.jpg

100307-49.jpg

祐正寺と智恵光院のあと、なかなか止まない雨にもめげず、京都御苑にある「黒木の梅」がそろそろ見頃だろうと見に行ってみました。

建礼門前通りと九条池前の交差する一角。
目にも鮮やかな濃いピンクをした一本の大木となる梅が「黒木の梅」。

その枝振りといい、形といい、花の咲き具合といい、すべてが完璧なほど均整の取れた美しい「黒木の梅」は、御苑にある数ある梅の中でも、抜きん出て圧倒させられます。

元々は旧九条邸にあったという「黒木の梅」は、大正時代に移植した際、枯死してしまったそうで、現在は接木による2代目なのだとか。

満開に咲き誇る「黒木の梅」は、降りしきる雨の中で、その存在感を誇示しているかのようでした。

一方、蛤御門から出水口にかけて広がる梅林の梅も、連日の雨でやや痛んでいたとはいえ見頃が続き、早春の柔らかな趣を醸しだしていました。

【撮影日/2010.03.07】
    23:49  Comment : 0  Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。