写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.04.27[火] 大原野神社の千眼桜

100411-01.jpg

100411-02.jpg

100411-03.jpg

100411-04.jpg

100411-05.jpg

100411-06.jpg

世間はもうすっかり新緑の季節ですが、ようやく今年の桜も最終章に突入です…(^^;

今年の桜の最終章に選んだのは、京都・洛西の大原野界隈。
今までこの辺りの桜は、毎年気になりつつも見過ごしてきたので、今回初めて訪れることにしました。

しかし、今年最後の“桜行脚”の日は、またもや生憎の空模様…。
最後は快晴であって欲しかったのですが、現地に着くまで降っていた雨は、どうにかバスを降りる頃には止んでくれたので傘を差さずに済みました。

さて、小塩山の麓に鎮座する大原野神社。
雨上がりの山の匂いと朝の澄んだ空気が境内に立ち込め、空は曇っていても清々しい気分にさせてくれます。

境内の桜は、散り始め~やや見頃を過ぎつつありましたが、遅咲きの枝垂れ桜として知られる「千眼桜」が丁度満開見頃となり、雨の雫をまといながらも、しっとりと美しく、あるいは絢爛に咲き誇っていました。

「千眼桜」は、樹齢70年以上といわれ、花が密集して咲くことから「千の眼」に準えて名付けられたのだそうで、開花してから3日ほどのうちに散ってしまうという“幻の桜”とも言われているのだとか…。

そんな“幻の桜”を、ちょうど満開に美しく咲いている時に見ることができたのは幸運だったのかも知れません。

【撮影日/2010.04.11】
    23:55  Comment : 0  Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。