写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.10.04[月] 酒蔵と水運の街~中書島点景~

100926-66.jpg

100926-67.jpg

100926-68.jpg

100926-69.jpg

100926-70.jpg

100926-71.jpg

100926-72.jpg

100926-73.jpg

100926-74.jpg

100926-75.jpg

今年はNHK大河ドラマの影響からなのか、空前の“龍馬ブーム”で、寺田屋など坂本龍馬ゆかりの史跡が多く残る中書島界隈でも多くの観光客らで賑わっています。

さて、中書島がある伏見といえば、神戸の灘五郷と並ぶ酒処として、その名を全国に知らしめていますが、そもそも「伏見」の由来は、「伏し水」から成るのだそうで、豊富な地下水に恵まれることから、伏見は良質な酒造りに適していると言われ、現在でも多くの酒蔵が残されています。

また、太閤秀吉が桃山文化を花開かせ、伏見城の築城とともに城下町としての都市機能が整備され、江戸時代には京都~大阪間を往く三十石舟や、高瀬舟などが往来する水運の要衝として栄えたことは有名ですね。

そんな往時の面影を今も色濃く残す酒蔵と水運の街を、いつもと趣向を変えて、今回は初めてモノクロで切り取ってみました…。

【撮影日/2010.09.26】
    23:16  Comment : 0  Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。