写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2010.11.22[月] 京都府庁旧本館

101107-81.jpg

101107-82.jpg

101107-83.jpg

101107-84.jpg

101107-85.jpg

101107-86.jpg

101107-87.jpg

101107-88.jpg

101107-89.jpg

101107-90.jpg

101107-91.jpg

101107-92.jpg

101107-93.jpg

101107-94.jpg

101107-95.jpg

101107-96.jpg

101107-97.jpg

101107-98.jpg

101107-99.jpg

101107-100.jpg

毎年春と秋に一般公開される京都府庁旧本館。
春の一般公開時には、中庭の枝垂桜が満開に咲き誇り大変美しいものですが、秋にはその桜の紅葉を楽しむことができます。

さて、ルネサンス様式が取り入れられた旧本館は、昭和46年まで府庁舎として使用されてきましたが、現在でも執務室や会議室などは実際に使用されており、建築当時の姿を留める官公庁舎の建物としては日本最古で国の重要文化財に指定されています。

左右対称に両翼を広げたような正面ファサードは、どっしりとした重厚感で構えていますが、建物内部には和のテイストを取り入れた技術が施されており、さりげなく京都らしい趣きも感じられます。
例えば、階段の手摺子の柱や調度品などの装飾には、アンカサス(葉アザミ)をモチーフとして使用されるなど、ディティールに至るまでデザインがなされており、内部意匠は建築というよりも、むしろ工芸品の域に達します。

■建築DATA
名称…京都府庁旧本館
設計…松室重光
施主…京都府
竣工…1904年
構造…煉瓦・石造混合、地上2階建(一部地下付)
延床面積…6,099.35㎡
所在地…京都市上京区下立売通釜座

【撮影日/2010.11.07】
    21:47  Comment : 0  Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。