写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.03.03[木] 法住寺のつり雛

110227-12.jpg

110227-13.jpg

110227-14.jpg

110227-15.jpg

110227-16.jpg

110227-17.jpg

110227-18.jpg

110227-19.jpg

110227-20.jpg

今日は桃の節句、ひな祭りですね。
東山七条にある法住寺の書院で、関西では珍しい「つり雛」が展示されていたので、訪れた日の順番が前後しますが、ひな祭りに因んでエントリーします。

さて「つり雛」とは、江戸時代から伊豆の稲取で伝わる風習で、桃の節句には、「つり雛」を雛壇の両脇に天井から吊るして、女の子の無病息災や良縁を願うものだそうで、つり雛に飾られる「金魚」や「桃」、「さる」や「唐辛子」などといった飾り物には、それぞれの意味が込められており、母から娘へ、祖母から孫へと手作りの飾りが受け継がれていくものなのだそうです。

法住寺に伝わる「つり雛」は、ご住職のお義母さまが丹精込めて手作りされたものなのだそうで、現在では貴重な「ちりめん」を使用して作られたのだとか。

書院では「つり雛」のほかに、歴史を感じさせるような雛人形や雛飾り、また、お義母さまが手作りされたという和人形や貝合わせなど、桃の節句に因んだ飾り物などが多数展示されていました。

【撮影日/2011.02.27】
    21:58  Comment : 2  Top
Comment
2011.03.04 Fri 01:39  ふくふく #-
自分のお雛様も無く、子供も息子だけなのでとてもあこがれます。
ちりめんが好きなので、写真のような飾り物の本や端布は集めてるので
すが・・作り始めるのはまだまだ先になりそうです。

こちらは毎年展示されるんでしょうか?いつか行ってみたいですねぇ。
  [URL] [Edit]
2011.03.04 Fri 23:53  恭太郎 #aIcUnOeo
>ふくふく さま

こんばんは。

姉が嫁いで以降、我が家で雛人形を飾ったりしなくなりましたね。
でも、毎年3月3日は決まって、母の手作りのちらし寿司なので、男子ながらも、ひな祭りは楽しみの一つです…(^^;
今年も母のちらし寿司を食べて桃の節句を祝いましたよ。
まぁ、73歳になる母もまだ「女の子」ですしッ…。
ふくふくさんのお家でも、来年は是非、ひな祭りをお祝いして下さいね。

それから、法住寺のつり雛展は、毎年開催されているようです。
毎年2月25日頃~3月3日に展示されているそうで、料金は300円となります。
法住寺のほかに、堀川寺之内の宝鏡寺でも雛人形の展示をしますし、他の寺院や神社でも、ひな祭りに関連した行事やイベントがいろいろありますので、チェックしてみてくださいね。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。