写真日和

季節の花を中心に…。 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2011.04.26[火] 東寺の夜桜

110410-86.jpg

110410-87.jpg

110410-88.jpg

110410-89.jpg

110410-90.jpg

110410-91.jpg

110410-92.jpg

110410-93.jpg

110410-94.jpg

110410-95.jpg

110410-96.jpg

110410-97.jpg

110410-98.jpg

110410-99.jpg

110410-100.jpg

ようやくこの日最後の目的地となった東寺へ。
今年の某鉄道会社のキャンペーンで取り上げられたので、東寺の不二桜を見に行かれた方も多いのではないでしょうか。

当初の計画では、昨年も訪れているし、キャンペーンの影響で混雑するだろうからと、行程には組み込んでいなかったのですが、あの未曾有の震災が起きてからというもの、やはり今年も東寺の不二桜をもう一度見ておきたい…と思うようになったのでした。

五重塔を背景に植わる「不二桜」と名付けられた見事な紅枝垂れ桜。
高さ13メートル、枝幅7メートルにもなる不二桜は、樹齢120年ともいわれ、元々は岩手県盛岡市の旧家で大切に育てられてきたものを、秋田と三重を経て、2008年に東寺へ植樹されたものです。

盛岡といえば、先の震災で甚大な被害に遭った地域のひとつ…。
東北で育った紅枝垂れは、遠く離れた京都で今年も満開の花を咲かせていました。

今年は通常の五重塔のライトアップに加えて、この不二桜をはじめ、境内の堂宇や桜に初めてライトアップが灯されましたが、暗闇に浮かび上がる不二桜は、妖艶でありながらも凛々しさを感じ、どこか被災地に想いを馳せているかのようで、いつもとは一味も二味も違った雰囲気で、しっとりと咲いていました。

因みにライトアップの拝観料は、被災地復興の義援金として寄付されるとのことで、一日も早い復興を願うばかりです。

【撮影日/2011.04.10】
    23:50  Comment : 0  Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。